結婚式スピーチ作成センター

さくら・さくら

少し前まで関西ローカルのテレビ番組で、

世界中の桜を訪ね歩くコーナーがありました。

 

その中で、

 

戦後、ボリビアに移民として行かれた方が植えた

という桜の木が紹介されていました。

 

南半球ゆえ、

開花は7月ごろだそうですが、

 

別の地域に移民として入植された方から

毎年のように問い合わせがあり、

満開のころにお花見をするのを楽しみにされているとか。

 

 

本当に所変わっても日本人は桜の花が大好きなんですね。

 

 

もちろん私も、その桜好きの日本人の一人です。

 

会社勤めをしていた頃には自分の席から見える川向うの桜の木を、勝手に

“My桜”と決めて毎年のように

「今年の“My桜”は開花が遅いなぁ」とか、

「今年も“My桜”が一番きれい!」などと一人で楽しんでいました。

 

 

今ではその桜の木が生えていた場所にはマンションが建ち、

“My桜”も切られてしまいましたが…。

 

 

そして、今の“My桜”はと言えば、

我が家の近くの桜並木の中の一本です。

 

 

今でこそ似たような家が建ち並ぶ

ごくごく普通の新興住宅地の我が家付近ですが、

 

入居した頃はまだ造成された空き地がいっぱい、

街路樹も植えられたばかりのひょろひょろの木ばかりでした。

 

そして、我が家の西側を南北に抜ける道には桜の木が植えられました。

 

支柱に支えられてやっと立っているような細い細い木…

 

そのころにその一本を“My桜”と決めました。

 

 

最初の二、三年は花も咲かず、

会社から見えていたような堂々とした桜には程遠くて、

 

本当にこの桜、枯れずに育つかしら…

 

と危ぶんだ時もありましたが、

 

あれから十余年、

 

今ではそれなりに季節がくると淡い色の花を

枝いっぱいに咲かせるようになりました。

 

 

上を電線が通っているのであまり大きくなれないようですが、

その分横に枝を広げ、下に立つと桜色の空気に包まれ、

なんだか華やかな気持ちになり、

 

「うん、“My桜”ちゃん頑張ってるな、いいぞいいぞ!」

 

と木に話しかけたりしてます。

 

 

北に山、南に海がある神戸市の、その山のさらに北側に位置するため

他の地区より少し季節の巡りが遅い我が家なので開花は遅かったのですが、

 

そのおかげで先日の雨風の時はまだ咲き始め…

もうじき“My桜”も満開の花を咲かせそう…

 

さくら~、さくら~

 

と口ずさみながら毎日春の散歩を楽しんでいます。

 

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました