結婚式スピーチ作成センター

短かすぎるスピーチは中身がペラッペラ

time 2014/07/03

短かすぎるスピーチは中身がペラッペラ

スピーチは短いほうがいい

 

大勢の人の前でお話するのが苦手な方、または正直な話しスピーチが面倒だと思っている方は、きっとこのようにお考えになると思います。

 

結婚式では、とくに発表時間にマナーがあるわけではないのですが、それにしても短すぎますと、ご臨席の皆様の反応が少し気になります。

 

ご臨席の皆様の反応。。。つまりこういうことです。

 

「テキトーじゃない?」

「やる気あるのかしら?」

「なにあれ?」

 

分からなくはない気持ちです。

だって、スピーチが早々に終わってしまうのですから。

 

押さえるべきなのは、発表時間が短いことそのものが問題ではなく、発表時間が短いということは内容そのものがあっさりしている(内容が薄い)、これが問題です。

そのために「あらやだ、お祝いする気があるのかしら」と、ご臨席の皆様を大いにあきれさせるということですね。

 

要は中身が大切で、素晴らしい中身であれば、別に短くても長くてもいいのですが、普通に考えて、短い発表時間で素晴らしい内容をスピーチするというのは、それはちょっと無理でしょうということです。

 

私どもの作成の経験から申し上げますと、少なくとも3分以上の発表時間は必要です。

3分を下回ってきますと、できるだけ話す内容の種類を少なくして深堀するようにしますが、どうしても内容が薄くなります。そもそも初めの挨拶、自己紹介だけでも数十秒は必要ですからね。

 

かならず3分は超えるようにしていただいて、それでもどちらかと言えば短いほうですから、思いをしっかりコンパクトに詰め込んだスピーチを作る必要があります。

 

 

 

例文を見てみる

歯科医院 院長のスピーチ。副院長の結婚式(二人で海外進出を狙う)例文

太陽光発電の工事会社社長の祝辞(新郎は取締役)例文

通信回線の営業会社社長の祝辞(新郎は営業担当者) 例文

訪問介護サービスを提供する会社で働く新郎へ 上司からの祝辞 例文

 

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました