結婚式スピーチ作成センター

出来事 + 感想 ≠ エピソード

time 2015/05/07

出来事 + 感想 ≠ エピソード

「最近あったエピソードについて教えてください」

そう質問されたときに、あなたはどう答えますか?

 

「友だちと遊園地に行って、シースルーの観覧車に乗りました。

とても怖かったです。」

 

うううん・・・これだけでは“出来事”と“感想”を述べているだけですね。

ふうん。と言われて終わってしまいます。

 

では、こちらはどうでしょう。

 

「友人と遊園地に行って、シースルーの観覧車に乗りました。

乗る前はわくわくしていたんだけれど、

いざ地面から離れると途端に怖くなって観覧車なのに大絶叫。

それを面白がって立ったり座ったりゴンドラを揺らす友人に

『揺らさないで!』と本気で怒りながらも、

その手だけは一瞬も離すことができませんでした。」

 

これだと、なんだか情景が目に浮かんできますよね。

このエピソードの奥底にある気持ちも、なんとなく伝わってきませんか?^^*

 

 

祝辞において、その人たち(発表者・新郎/新婦)ならではのエピソードを話すことはすごく大切です。

 

とは言っても、前者のような【出来事&感想】だけでは全然物足りません。

それだけだと祝辞に盛り込むエピソードとしての役割を果たさないのです。

 

こういう出来事があった→だからこう思った→○○→△△→□□→・・・

 

という風に、【(その出来事があったから)どうだったのか】というところに視点をあててみてください。

 

そうするときっと、小さな出来事が素敵なエピソードに変わるはずです。

 

 

———-

例文を見てみる

【例文】明るく穏やかな新婦に贈る社長のスピーチ

【例文】工務店社長の結婚式 祝辞

【例文】10年前の友人(新婦)の決意を取り上げた結婚式スピーチ

【例文】スピーチ 友人代表の例文 野球部でバッテリーを組んだ新郎へ
 

 

ちなみに、今回はゴールデンウィーク明けということもありまして、

私の直近のリアルエピソードを元にしたブログ記事にさせていただきました。

全面シースルーのゴンドラ・・・観覧車らしからぬ絶叫アトラクションでした(^.^)笑

 

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました