結婚式スピーチ作成センター

二代目社長(少し先)の結婚。そのとき上司は!?

time 2014/07/22

二代目社長(少し先)の結婚。そのとき上司は!?

社長の息子なんて言いますと、仕事をしないだの、やってもできないだの、とネガティブなことばかりが頭に浮かびますが、いやそんなバカボンもたくさんいますが、世の中には立派な二代目さん、三代目さんも、同じくらいたくさんいるわけでございます。

 

大事なのは、「誰の子供か」ではなくて、「仕事をするか、仕事ができるのか」であって、親父が社長というだけで世間から色眼鏡で見られるのは、息子・娘は、当人からすればたまったものじゃありませんな。

 

さて、今回のスピーチは、社長の息子さんの結婚式で、上司が述べる内容です。

ちょっとややこしいですね。スピーチをする人は会社の社員さん。もうこの道40年のベテラン職人さんです。会社は社長一家のおうちに隣接していますので、昔から息子のことはよく知っていて成長を見守ってきました。会社といっても人数が少ない小さな組織ですので、社長とも社長の息子さんとも距離感が近い、温かい内容になっています。

 

社長の息子の結婚式でスピーチ 例文

 

 

ぜひご覧ください*^o^*

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました