結婚式スピーチ作成センター

職場の同僚の息子(部下)が結婚! 主賓スピーチで大事なこと

time 2019/06/10

職場の同僚の息子(部下)が結婚! 主賓スピーチで大事なこと

部下の結婚式で、上司としてスピーチ。
その部下が、実は同僚の息子さんで、小さい頃からよく知っている。
あの子が結婚かあ!と喜びもひとしお。
 
ただ、こういうとき、どういうふうにスピーチすればいいかな…。
という思いが、ふと浮かんでしまうことがあります。

確かに昔から知ってるけど、形としては上司と部下だしなあ。
職場の者も出席するし、上司らしくしたほうがいいかなあ。

なんて、いろいろ迷っったり悩んだり悩んでしまいがちですが、
実は、これは不要な悩みなんです。

一番大事なことは、
【上司と部下】という「形」、ではなく、
【小さい頃からよく知っている新郎を、職場の上司としても、なかば身内のような立場としても、両方の面からお祝いできる】という「本質」です。

「実は新郎は、同僚の☆☆さんの息子さんで、小さい頃から成長を見守ってきました。」
という旨を述べるのは必須となりますが、逆に言えば、これを述べればすべてが解決です!

小さい頃から見守ってきた新郎と、一緒に仕事ができて、結婚を祝うこともできて、そして、これからの結婚生活も応援していく。
そんなめいっぱいの祝福をスピーチとして発表できれば、新郎も心から喜んでくれます。

「上司だから」、ではなく
「新郎をよく知っている自分だから」、お伝えできることが必ずあります。
それを一番に大事にしたいですね。

 

同僚の立場での主賓スピーチの例文はコチラ↓

結婚式 スピーチ 会社の同僚(ちょっと先輩)の立場 例文

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました