結婚式スピーチ作成センター

【例文】新しい大きな一歩をいつも一緒に踏み出してきた友人へのスピーチ

time 2017/10/27

今まで大きな一歩を踏み出す時はいつも一緒だった2人。
今日、さらに大きな一歩を踏み出そうとしている友人を応援する友人代表のスピーチです。

【はじめの挨拶】
 
優奈と私は、お父さん同士が同級生だったこともあって、中学生のときからずっと仲良くしてきました。
二人でたわいもない話をしながら帰ったり、三年生で同じクラスになって何でも言い合えるようになったり。高校生のときには一緒にアルバイトもしましたね。
 
優奈に誘われて、回転ずしのオープニングスタッフとしてバイトを始めた私たちは、お客様のスムーズな誘導やレジでの対応の仕方など、とにかくたくさん覚えることがありました。
いざ開店となり直接お客様を前にすると、覚えたつもりでも体が思うように動かなかったり、声が小さくなってしまったり、失敗の連続でした。
 
でも、すぐ近くに優奈がいてくれたので、それだけでも安心できたし、バイトが終わったあとはその日の反省会というか、愚痴の言い合いというか、優奈と一緒にいてとても居心地がよかったのを覚えています。
 
優奈は専門学校への進学のため、私は就職のために上京することになり、私は一カ月間、優奈の家に居候をさせてもらいましたね。
そう言えば、新しい大きな一歩を踏み出すときは、いつも私たちは一緒にいて、二人でいるとすごく心強かったです。
将来の話になったとき、同じくらいに結婚して同じくらいに子どもを作ろうねって話をしたことを、優奈は覚えていますか?
 
あれから少し時間が経って、隼人さんがいて、えいたくんがいて、同じタイミングとはいかなかったけれど、優奈に最愛の家族ができて、本当によかったなあって思っています。
 
優奈にはずっとその笑顔を持っていてほしいと思うし、家族みんなで、毎日の何気ないことを笑顔で話せるような、そんな温かい家庭を築いていってください。
 
嬉しいことがあったら一緒に喜び合って、悩んでいるときや弱気になっているときには、ストレートな言葉で怒ったり、励ましたりしてきた私たち。きっとそんな家族のような関係は変わらないと思います。結婚生活のこと、子育てのこと、優奈とたくさん話をしたいです。
 
もし、何か困ったことがあったら相談してね。たまに会う時間が、家事や育児に忙しい優奈にとって、息抜きになればいいなと思っています。
 
【締めの言葉】

※この例文は著作権法で保護されています。

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました

 

わかやま新報の取材。

わかやま新報に掲載されました