結婚式スピーチ作成センター

【例文】元カラオケ店員らしい歌を話題にした内容の友人代表

time 2017/10/27

カラオケ店で共にアルバイトをしていた新婦と私。ある日、甘い歌声の持ち主が来店されました。猛烈な攻撃をする新婦。キューピッド役?になった立場からのお祝いの例文です。

ユキ、ヒロさん、結婚おめでとう。今日はユキの綺麗なドレス姿を近くで見ることができて本当に嬉しいです。
でも、いつもとギャップがありすぎて、正直、少し戸惑ってもいます。
たしか、初めて出会ったのは高校生の頃だったよね。
学校は違ったけど、バイト先が一緒で、しょっちゅうメールをしたり、一緒に遊んだりしていました。
カラオケ店でバイトしているだけあって、すっごく歌うのが好きで、
よくバイト終わりに歌って帰ったよね。
時にはデュエットをしたり、パフェを賭けて点数を勝負したり・・・。
二人とも負けず嫌いだから、何曲も延々と歌って喉をからしたこともあったね。
楽しい時間はあっという間だったけど、あの頃のことは今でもよく覚えています。

毎日バイバイって手を振るのが寂しくて、もっといっぱい一緒にいたくて、
「ユキの高校に転校する!」って駄々をこねたこともあったっけ。
でもそんなことは出来るわけもなく、毎回バイト先で会えることだけを楽しみに過ごしてきた3年間。

さらに私たちのバイト人生を楽しくしてくれたのが、来店されたヒロさんでした。
ヒロさんの部屋から聞こえてくる甘い歌声に私たちは日々惹かれていました。
ヒロさんのところに注文の品を届けるときは、わざと慎重に商品をテーブルに置いたり、積極的に挨拶をしてみたり。
そうしているうちにヒロさんも私たちのことを覚えてくれて、思い出すたびに「青春してたなあ」って懐かしくなります。
そんなとき、二人が思いを通わす素敵な出来事がありました。
私が休んでいるあいだ、ユキがドリンクを提供したときヒロさんがユキに“TRUE LOVE”を歌ってくれたそうで。
ユキはこの話をすっごく嬉しそうに話してくれました。見た目キリッとしたヒロさんが歌っているこのGAPを想像しただけで、私も聞きたかったーっと未だに悔しいです。

でも、今日こうして二人が並んでいる姿を見ていると、あの日、空気を読んでシフトを入れなかった自分を褒めたいというか、なんというか。
とにかく、ユキもヒロさんも幸せそうで本当に嬉しいです。あれからずっと仲良くしてきている二人だから、この先の生活もきっと、いえ、絶対に大丈夫だと思います。

でもやっぱりヒロさんの歌う“TRUE LOVE”が聞きたい。3人でカラオケに行こうよ!!
ユキ、いいでしょ?私からのお祝いの一曲も披露するから2人とも楽しみにしていてくださいね。
その代わり、私はユキの惚気話も愚痴もなんでも聞いてあげるつもりでいるから、また時間を合わせて一緒に遊びに行こう。

結婚をして家庭を持つようになっても、ユキとは今までどおり、遠慮なく冗談を言い合って、楽しく過ごせる関係でいたいと思っています。これからもよろしくね。

※この例文は著作権法で保護されています。

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました