結婚式スピーチ作成センター

お付き合い

time 2012/04/24

お付き合い

この4月で没後100年を迎えた石川啄木は、友人から多額の借金を

していたにも関わらず、

その恩義を重荷に感じ、友情を断ち切るために自分の小説に

その友人の秘密を暴露し、わざと怒らせたことがありました。

 

そんな恩を仇で返すようなことをされても、

その友人は、自分に頼りながらもプライドを持ち続けた啄木の姿に、

逆にひかれたそうです。

 

その友人の名前は金田一京助さん。

 

言語学者、金田一春彦さんのお父さんです。

金田一京助さん、あっぱれ!

 

そんな深いところでつながっている友人を持てるというのは、

幸せなことだと思います。

 

結婚し、年を重ねると純粋な友達との付き合いだけではなく、

地域の人たちとの関わり、

子どもがいれば親としての関わりなど、

人付き合いの範囲が広くなっていきます。

 

友人付き合いと大きく違うのは、自分では選べないということです。

 

だから適度な距離感が必要になってくるのでしょう。

 

 

でもそれはそんなに意識するものではなく、普通に食事をし、

目の前にあるやらなければならないこと、

(それが仕事であることがほとんどだと思いますが。)

そして、ときには些細なことに幸せを感じながら生活していければ、

自然にそうなっていくものなのでしょう。

 

 

そのベースに、いくつになっても変わらぬ付き合いのできる友人がいれば、

その人をより豊かにしてくれるかもしれません。

 

 

啄木がもっともっと長生きしていたら、もしかして、

社会を温かな視点で切り取った歌をたくさん残したかもしれない、

なんて想像してしまいます。

 
 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました