結婚式スピーチ作成センター

感動するスピーチの例文を探すのは。。。

仕事だなんだで、気がつけばもう来週の日曜日が結婚式。

スピーチを頼まれているものの、なんとなく後回しにしていて、いよいよ追い込まれてしまった。

 

なんてことは良くある話で、実際、この記事をご覧のあなたも、もしかしたらそんな状況に追い込まれていらっしゃるのではないでしょうか。

 

さて、そんな、ちょっと追い込まれた感のある方のために、インターネットで「感動するスピーチの例文を探す」という行為について、お伝えしたいと思います。

 

 

あなたが感動するスピーチの例文はあります。

でもそれは、あなたにとっては使えないものです。

 

「感動するスピーチの例文」はあっても、それは例文に過ぎず、あなたと新郎や新婦との関係性の中では、感動する内容ではありません。

感動するものは自分の心の中(頭の中)にしかないんですよね。外部に求めるものではないんです。

 

感動するスピーチの例文をインターネットで探している時点で、あなたと新郎または新婦とのあいだにある感動するようなことを見つけることができていないのだと思います。

 

なくはないんです、なくはないんですが見つけられていないだけですので、例文を探すのではなくて、新郎または新婦との付き合いをよーく思い返してみると、きっと何かあるはずです。

 

で、そもそもなんですが、なくても大丈夫です。別にスピーチの中に、感動するような内容を入れなきゃならないルールもありませんしね。

 

いっぽう、どういう表現にすると感動につながるか、という「言葉を調べる」という意味であれば、例文を見るのは非常に有効です。

 

たとえば、

 

本当に嬉しかったです。

嬉しかったんです、本当に。

 

本当に という言葉を先に持ってくるか後に持ってくるかの違いで、伝わり方が変わったりするものですが、いずれにしても、こういう表現の仕方で感動の方向へとスピーチを持っていく助力になりますので(まあでも、内容ですよ、やっぱり)、そういう意味では例文は参考になります。

 

 

————————————– ————————————– ————————————–

例文を見てみる

 

主賓(社長・上司):

→観光バス会社 社長が、社員(新郎・新婦両方)の結婚披露宴で述べる内容

→自動車部品メーカーの上司(部長)が、部下(新郎)の結婚式で述べる内容

→歯科医院の院長が、受付の方(新婦)の結婚式 披露宴で述べる内容

 

友人代表:

→野球部でバッテリーを組んだ新郎へ贈る友人代表の例文

→小学校の同級生(新婦)の結婚式で述べる友人代表の例文

→音楽の趣味が一緒の新郎の結婚式で述べる友人代表の例文

 

親族代表:

→伯父が経営する山荘でアルバイトをしていた姪への親族代表の例文

→年の近い叔父から甥への温かい親族代表の例文

→従姉(いとこ)から新郎へ親族代表の例文

 

新郎・新婦・父親の謝辞:

→未来への決意を述べる新郎の謝辞

→結婚披露宴での新婦による謝辞

→結婚披露宴での父親から皆様への謝辞

 

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました