結婚式スピーチ作成センター

【もしものスピーチ】コーヒー君とミルクちゃん

time 2013/09/24

【もしものスピーチ】コーヒー君とミルクちゃん

 

 

みなさんご存知ですか??

10月1日はコーヒーの日です。

毎朝かかさず飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

今日は結婚式を10月1日に控えたコーヒー君とミルクちゃんの

結婚式で述べるスピーチです。

 

 

 

コーヒー君、ミルクちゃん 結婚おめでとう。

 

日本で、コーヒーの日と定められているこの10月1日にコーヒー好きの私が、

コーヒー君とミルクちゃんの結婚式でスピーチすることができて、

大変嬉しく思います。

 

 

 

コーヒー君と始めて出会ったのは、今から3年前、私が22歳のときです。

卒業旅行で、友達とキリマンジャロへ観光に行ったときでした。

世界一の高さに負けないぐらいの値段の高さでしたが、

私の口にピッタリ合い、すぐに購入を決意しました。

 

それ以来すっかりこのコーヒー君に惹かれてしまいました。

それから毎日の朝はもちろんのこと、仕事帰りの疲れたときにもいただいています。

彼は他のコーヒーさんたちとは違った独特の酸味とコクで私を癒してくれます。

 

 

 

 

そんな癒しをさらに増してくれるのがミルクちゃんです。

ミルクちゃんとの出会いは帰りにふと立ち寄ったスーパーでした。

お肉を買って野菜を買って、「あっ、そうそう!あれ買って帰らなくちゃ!!」

そう思いながら、たくさんの種類の中から眩しい黄色の服を着ているミルクちゃんを、真っ先に見つけました。

 

甘党の私にとってミルクちゃんはなくてはならない存在であります。

私はこのミルクちゃんをカレーやパスタに使うこともあります。

何にでも合いますが、やっぱりコーヒー君とのマッチは最高ですね。

ミルクちゃんの存在がコーヒー君のコクをさらに際立たせてくれるんです。

 

 

 

 

私がキューピッドなら、2人の関係を

さらに味わい深くしてくれたのがスプーンさんです。

私が中学生の頃から使い続けてきたものです。

スプーンさんは彼らのことを本当によく知っていて、

2人をマッチさせることが得意です。

今頃、食器棚でカチャカチャ鳴らして2人を祝福していることでしょう

 

 

 

 

今日から新しい生活が始まるコーヒー君とミルクちゃん。

甘いことも苦いこともあるかと思いますが、

喧嘩しないでしっかり混ざり合って私のそばにいてください。

 

 

 

これは私から2人へのプレゼントです。

 

新しいマグカップ(家)。

 

これから子供が出来て、大きなお家が必要になると思ったから新調したよ。

この新しいマグカップでおいしくて温かい新婚生活を作っていってください。

 

 

 

いつも私の心を満たしてくれてありがとう。

 

 

ごちそうさまです。

 

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました

 

わかやま新報の取材。

わかやま新報に掲載されました