結婚式スピーチ作成センター

【例文】上司(主賓 研究開発部部長)から部下(新郎 入社7年目)へのスピーチ

time 2018/05/18

自動車部品メーカーで名物コンビと言われている上司と部下。研究開発部というと、なにやら緻密で難しく、淡々と仕事をしているように思われますが、部長さんである上司と部下である入社7年目の新郎に限ってはそうではありません。新郎が部下になったことに対して「内心ガッツポーズをしていた」上司が微笑ましく、心の距離の近さがうかがえるスピーチです。


<はじめの挨拶>

私は、青木君と同じ株式会社メーカーズハーツの研究開発部で部長をさせていただいております。私どもの会社は、自動車の部品を開発、製造、販売している会社でございまして、研究開発部はその名のとおり、様々な自動車の部品を研究し、日々開発に努めている部署でございます。

青木君は、厳しい新卒採用試験をパスして入社した、まさにエリートです。弊社では、必ず最初の一年間は新入社員に先輩が一人ずつ付き、技術的なことはもちろん、社会人としてどうあるべきかというのを教えることになっており、エリート青木君についたのが、私でした。

つい先日まで学生だったはずの青木君は、社会人歴だけでも彼の年齢の倍ほどある私よりも、なぜだかすごく落ち着いていて、青木君の担当になれたことに実は内心ガッツポーズをしていた私ですが、そんなエリート青木君に社会人としてのあり方を教えなければいけないことに、正直冷や汗をかきました。研修期間、技術を伝授する私に熱いまなざしを向け続けてくれた青木君も、私のおやじギャグには見向きもしてくれませんでしたが、私はそんなクールなところも、さすがだなと、ここに部内でも有名な「名物コンビ」が誕生したのでした。そんな笑える思い出話も、もうすぐ七年の歴史を持ちます。

私が伝授したおやじギャグはすべて後輩の佐藤君に譲られましたが、技術はしっかりと自分のものにし、自動車メーカーとの契約もしっかりと取ってくる青木君は、今もなお成長し続ける、我々にとってなくてはならない存在です。また、私にとってはよき飲み仲間でもあります。

そんな青木君がこのたび結婚されると報告を受け、今日のこの日を心待ちにしておりました。そして、本日お二人並んだ幸せの形を目にし、上司として、コンビの相方として、親友のような、兄のような、そんな気持ちがしております。僭越ながらこうしてお祝いの言葉を申し上げておりますが、社を代表して青木君の晴れの門出にスピーチをするなら私しかいないと思っていた節もあります。

これからも、今までのようにみんなで飲みに行って騒いだり、あの日のように二人で真剣な話をしたり。また、これからは家庭を持った男同士、ともに一層仕事に励みましょう。

男らしく大切なものを守っていく、そんな夫になることを、そしてメーカーズハーツに青木ありと言われる職業人になることを、大いに期待しています。

<締めの言葉>


※この例文は著作権法で保護されています。

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 


 

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました