結婚式スピーチ作成センター 原稿の代筆サービス専門

両家代表の挨拶(単身赴任の父親)

time 2022/05/06

父親は息子が幼少の頃から単身赴任で海外で一人暮らしている。
子育てへのある種の「後悔」があるわけですが、結婚披露宴でそれを長々話すわけにもいきません。少しこのことに触れつつ、息子夫婦の幸せを願う。そんなアプローチのメモです。

作成のご参考まで。

 

裕太が幼稚園の年長さんになった頃から海外での単身赴任が始まりました。

 

「亭主元気で」とは、昔からある家庭円満の言葉でございますが、父親が家にいない中にあっても、裕太は母親の愛情を間近に受け、また、姉にかわいがられていました。

 

気づけば成人し、一緒にお酒が飲める年齢になっていました。

 

立派に育ってよかったと安堵をしていた頃、美里さんとのご良縁のお話に接しました。

 

ひとえに、周囲の皆さまが二人を温かく見守り、支えてくださったお陰と心から感謝しております。

 

また、気の置けない多くの友人に恵まれ、会社の皆様からも温かく迎えていただいており、私の心配は杞憂で、充実した人生を送っていると分かり喜んでおります。

 

思い返せば、あっという間の月日でございました。

 
 

例文をご覧になる方はこちら

父親の謝辞 例文
https://speech-maker.net/all-sample#shaji

 
作成をご希望の方はこちら

お申し込みから納品まで
https://speech-maker.net/workflow

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました

 

わかやま新報の取材。

わかやま新報に掲載されました