結婚式スピーチ作成センター

【もしものスピーチ】携帯電話さんとストラップさん

time 2013/05/24

【もしものスピーチ】携帯電話さんとストラップさん

 

 

みなさん、それぞれ悩みを持ってると思います。

 

字が汚いとか、
人の名前を覚えるのが苦手とか、
料理ができないとか。

 

私の悩みは、ものをよく失くすことです。

 

前に携帯を失くしてしまって以来、
特に気をつけるようになりました。
自分だけじゃなくて、他の人にも
迷惑がかかってしまいますからね。
さて、今回の祝辞は、
携帯電話さんと携帯ストラップさんの結婚式です。

 

 

 

携帯電話さん携帯ストラップさん、結婚おめでとう。
お二人のキューピッド役とつとめました貴子と言います。

あでやかな晴れ姿を見ながら、

お二人が私のもとにやってきた日のことを懐かしく思い出していました。
携帯電話さんが私の手元にやってきたのは、今から5年前でした。

スタイリッシュなフォルムと海のように美しいブルーのカラーリングに惹かれて

店頭で手に取ったところ、お店のスタッフの方からも、

機能性、操作性が高いということで勧められ、

たくさんの機種のなかからあなたを選ばせていただきました。
それから5年間、公私ともども私の生活を支え続けてくれました。

毎日の業務連絡はもちろん、世界中の情報をいち早く届けてくれたり、

素晴らしい風景を画像として残してくれたり、

その一方で私の愚痴にも黙って付き合ってくれたり、

あなたのおかげで私は何度助けられたことでしょう。
携帯ストラップさんとは、3年ほどのお付き合いになります。

初めて出会ったのは、沖縄のお土産屋さん。

一目見て鮮やかなオレンジ色のハイビスカス柄に目を奪われてしまいました。

携帯電話さんの海のようなブルーと絶対お似合いだと思って

あなたを選んだのですが、あれがお二人の運命の出会いになり、

そして私がお二人のキューピッド役になるとは夢にも思いませんでした。
あれから3年、お二人は素晴らしいコンビネーションで私を支えてくれました。

携帯ストラップさんは非常に気配りができる方で、

携帯電話さんの画面が汚れたらすぐにクリーニングをしたり、

携帯電話さんが道に迷った時には目印になってくれたり、

私と携帯電話さんをいつも助けてくれました。
そんなお二人の結婚には正直ビックリしました。

私はお二人のお付き合いに気付かず、

私の手元で熱い恋愛が繰り広げられていたなんて

全く思わなかったからです。

コンビネーションの良さはお仕事だけじゃなかったんですね。
でも、最初に私が思ったように、お二人は絶対お似合いだと思います。

キューピッド役としても非常にうれしく思います。
これからも、携帯電話のようにお二人での会話を大切にして、

いつまでも仲の良いご夫婦でいて下さいね。

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました

 

わかやま新報の取材。

わかやま新報に掲載されました