結婚式スピーチ作成センター

乾杯の挨拶と主賓の祝辞の違い

まれに、「乾杯の挨拶と祝辞ってどう違うんですか?」というご質問をいただきますので、その違いを整理して記します。

 

・発表のタイミングが違う!

順番的には、

新郎新婦の入場→司会者からの紹介→新郎側・新婦側それぞれの主賓の祝辞→乾杯の挨拶

です。

意外に思われるかもしれませんが、乾杯の挨拶って初めじゃないんです。主賓の祝辞よりもあとに行われるんですね。

 

 

・状況が違う!

乾杯の挨拶では、ご出席の皆様に手元のグラスを持って起立することを促し、最後に乾杯の音頭を取ります。披露宴当日、祝辞や余興は複数の方が行うことは珍しくありませんが、乾杯の挨拶ばかりは1度きりです。乾杯の音頭を機に、いよいよ宴(うたげ)が始まりますので、主賓の祝辞とはまた違った緊張感があります。

 

 

・締めの言葉が違う!

乾杯の音頭を取りますので、締めの言葉が異なります。

祝辞の場合ですと、「おめでとうございます。」で締めます。ちなみに「ご清聴ありがとうございました。」は間違いです。

いっぽう乾杯の挨拶の場合は、ご出席の皆様に起立を促し、唱和を促して、「かんぱーい!」となります。

 

 

・発表時間が違う!

もともと、祝辞にしても乾杯の挨拶にしても「発表時間は何分でなければならない」というルール付けはありません。(くわしくはこちらをご覧ください。 主賓の発表時間は何分か?

とは言え、じゃあ何分でもいいのかといえばそういうわけではなく、乾杯の挨拶の場合は、皆さん、待ってらっしゃるわけです、「かんぱーい!」するのを。ですから、長々話してしまいますと、「長いね。まだかな乾杯」感が会場を包み込んでしまいますので注意が必要です。

 

 

例文を見てみる
社長による結婚式の乾杯の挨拶 例文
会社の上司による結婚式の(少し面白い)乾杯の挨拶 例文
友人による結婚式での乾杯の挨拶 例文

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました

 

わかやま新報の取材。

わかやま新報に掲載されました