結婚式スピーチ作成センター

ワンシーン

time 2012/04/30

ワンシーン

10年以上通っている美容院は、美容師さんがひとりでやっている、

看板も料金表も、よくある外国の女の人の写真もないお店です。

 

ちょっとまとまった時間がかかるようなときには、

好きなDVDを観せてくれます。

 

この間は、ぱっと目に入った原田芳雄さんの作品「大鹿村騒動記」を観ました。

 

ストーリーは村に伝わる歌舞伎をこよなく愛し、

自身も仲間たちと一緒に稽古をする毎日なのですが、

そのなかで、言いたい放題の仲間たちの人間臭さが描かれています。

 

主演の原田芳雄さん扮する男性は、

一人身で食堂を経営しているのですが、そこに現れたのは・・・。

 

駆け落ち、アルツハイマー、性同一性障害、などなど、

 

どれかひとつだけでも十分映画のテーマになりそうですが、

ここではすべて起こるのです。

 

きっと誰しも、映画や小説に表せるような経験が

あるかもしれません。

 

何も特別なことばかりじゃなくても、

友達や恋人とのたわいもない日常の連続のなかにでも、

いくらでもあるかもしれませんね。

 

格好いい、きれいな、または人生を積み重ねた味のある役者さんたちに

演じてもらい、そこに音楽が流れれば、

日常が画として切り取られていくのかもしれません。

 

 

そう考えると、結婚式は、主役は本人たちにしかできないもの。

人生のなかの大切なワンシーンにしたいものですね。

 

そのお手伝いが少しでもできればという気持ちで、

原稿の作成に取り組んでいる、今日このごろです。

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました

 

わかやま新報の取材。

わかやま新報に掲載されました