結婚式スピーチ作成センター

性格や言葉遣い、人柄が出る文体

time 2011/12/30

性格や言葉遣い、人柄が出る文体

スピーチ原稿を作成するときは、なるべく依頼者様のお人柄が出るような文体を心がけています。

 

スピーチ原稿を作成する際には、依頼者様の年齢や立場、ご性格等によって、その方が使っていそうな言葉や、文章の硬さや柔らかさを意識するようにしています。

 

ヒアリングのなかでく見えてくる、その方のご性格や言葉遣いを参考にしています。

 

また、スピーチを発表される場や聴衆の方の年齢層や社会的背景を考えて、文体を作らないといけないこともあります。

 

たとえば、小学校の入学式と会社の同僚の結婚式のスピーチでは、言いたいことの趣旨が同じでも、言葉遣いや内容は当然変えないといけません。

 

目上かそうでないかによっても違ってくるでしょう。

 

ですます調でていねいさを出したり、明るい口調を心がけたり、真面目、前向き、慎重さ等のご性格や、男らしさ・女らしさを意識してみたり。

 

原稿を作成しているときは、まるで劇を演じる俳優さんみたいな気持ちで、依頼者様になりきることが必要かなと思います。

 

その乗り移り(?)作業がうまくいくと、実は特段意識しなくても、その人らしい文体が自然と出てきます。

 

ときどき感極まって、依頼者様以上の感情の高ぶりを経験したりもします。

 

あとで我にかえって、過剰になりすぎた文章を削ることになるんですけどね。文章には客観性も大切です。(笑)

 

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました

 

わかやま新報の取材。

わかやま新報に掲載されました