結婚式スピーチ作成センター

食べて働き学び、遊んで食べて

time 2012/05/17

食べて働き学び、遊んで食べて

「食育」という言葉を聞くようになってからどれぐらい経つでしょう。

 

日々の献立や幼稚園のお弁当に悪戦苦闘していた私にとって、

「やっぱりそこか」と、避けては通れない道に立たされた、

と感じたのを覚えています。

 

国の食育推進評価専門委員をやられている、服部幸應さんが

「ライフステージに応じた連続した食育の推進を」

とおっしゃっていました。

 

食べ盛りの子どもを抱える我が家は、作る側にとっては、

食のライフステージのピークにいる気がします。

 

にわか誕生会をやったときには、なるべく温かいものをと思うと、

座って一緒に食べるより、まさしく給仕係。

 

意外にそう割り切ってしまうと、食べてもらえることが嬉しくなったりして。

「バクバク食べる人がいるから、作り甲斐があるでしょ」

なんて生意気なことを言われても、確かにその通り、とも思えてきます。

 

服部さんはこんなこともおっしゃっていました。

 

「お母さんは子どもの精神状態に大きな要素となります」と。

 

そのときの精神状態でご飯作りが手抜きだったり、

逆にレパートリーを増やそうかなと思ったり、

アップダウンな私から見ると、世のお母さんたちは本当にすごいなあ、と思います。

 

家族には食で栄養を、自分自身には食べものからはもちろん、

また違ったものから、栄養を取り入れながら、

このピークを乗り切って行こうと思っています。

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました