結婚式スピーチ作成センター

再婚の結婚式スピーチは難しい?

time 2019/04/13

再婚の結婚式スピーチは難しい?

 
結婚式スピーチ作成センターがよくあるご質問にお応えします。
 
 
今回のご質問は、
 
私は会社の社長ですが、結婚する社員が再婚で、このことを主賓のスピーチでどのように言おうか迷っています。
 
 
ナイーブなお話ですので、どうしてもスピーチの内容を難しく思ってしまいます。
 
仮に、社員様が再婚であることをスピーチの中に盛り込むべき理由があるのなら、もちろん盛り込んだほうがいいと思います。
 
その場合は、
 
なぜ再婚のことをわざわざ話すのか
 
という、理由そのものをスピーチに盛り込む必要はありませんが、少なくとも「なぜ」の部分が柔らかく解決する程度には伝えたほうが円滑です。
 
そうでなければ、わざわざ話す必要はありません。
 
 
ここに今回のご質問の回答があります。
 
 
そもそも話ではありますが、結婚が2回目でも3回目でも、あるいは、初婚であっても、大切な社員様の門出です。
喜ばしいことには違いありません。とても幸せで、嬉しいことです。
 
「喜ばしい」「嬉しい」というお気持ちをベースにスピーチを作れば良いわけで、何回目の結婚かをスピーチの中に登場させる必要はないように思います。
 
おそらく、質問者様が「何を話そうかなあ」と考えていらっしゃることの一つに、再婚のことが一つのひっかかりとしてあるのだと思いますので、いったん除外していただいて、その他のことをお話になられるのが良いのではないかと思います。
 
ただ、上記でも触れましたが、どうしても「再婚のことを話したほうが良いケース」というのは存在します。
 
この場合のスピーチは熟考する必要がありますので、個人でお作りになるのは難しいと思います。
 
 
今回と少し角度が異なりますが、以下も参考になります。

バツイチ子連れ 再婚 結婚式スピーチでの配慮


 
主賓の立場のスピーチ作成の詳細はこちら

社長・上司(主賓)の立場


 
 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました