結婚式スピーチ作成センター

ビートたけしの祝辞に見る、発表者のキャラクターの重要性

time 2011/10/16

ビートたけしの祝辞に見る、発表者のキャラクターの重要性

先日、落語家の林家三平と女優の国分佐智子の結婚披露宴が執り行われました。

 

その席で祝辞を発表したのが、ビートたけし。

 

普段、スピーチ作成をしている私としては、どのような内容かも、もちろん興味津津なわけです。

 

 

その内容はといえば、大変おもしろい、毒のあるもので、ビートたけしらしい内容でした。

 

では、同じ内容をまったく別の人、たとえば芸の人とはまったく異なる世界にいる大学の先生が話すとどうなったか?

 

きっと、まったく受けなかったはずです。

「不謹慎」という言葉が来賓の皆様の頭をよぎったはずです。

 

もちろん、同じ芸の人であっても、ビートたけし以外の方であれば、決して受けることはなかったはずです。

(でも立川談志ならきっと受けたはずです 笑)

 

 

ここで分かるのは、発表の内容というのは、発表者のキャラクターにおおいに関係するということです。

 

 

上司の祝辞を発表する際、

その上司がものすごーく真面目な人であると周囲から捉えられていて、実際にすごく真面目な正確だと自認している人が、毒たっぷりのスピーチをすればどうなるでしょう。

 

答えはカンタン、

新郎新婦はもちろん、ご来賓の皆様に白い目で見られることは想像に難くありません。

 

いっぽうで、あまりきちんとしていない(?)、普段から毒気(という愛情表現)たっぷりの上司が、毒たっぷりのスピーチをすれば、少なくとも新郎新婦と同じ会社関係の方々には、歓迎されるでしょう。(上司のことを知らないご来賓の皆様には・・・受け入れられないかも 笑)

 

反対に、

真面目な上司が、生真面目なスピーチをしたのなら、受け入れられるはずですし、普段から毒気(という愛情表現)たっぷりの上司が、珍しく生真面目なスピーチをしたのなら、もしかしたら、称賛を浴びるかもしれません。

 

毒気だったり、洒落だったり、羽目をはずした、なかば奇をてらう内容というのは、その発表者のキャラクターによって成立するかどうかで決まるものであり、おおかたの場合、そんな奇をてらった内容が成立する社会的な立場の人というのは少ないわけです。

 

ですから、

やっぱりど真ん中ストレートに真面目にお祝いをするスピーチが、新郎・新婦、ご来賓の皆様にお喜びいただける、間違いのないところかなあと思います。

 

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。

ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました

 

わかやま新報の取材。

わかやま新報に掲載されました